アイテム一覧 / クエスト用アイテム / 採集素材 / モンスター素材 / 汎用素材 / HC素材 / 書籍 / チケット類
コイン / その他 / 期間限定素材 / 課金素材

見出し編集用ページは、こちらです。

モンスター素材

※ページ肥大化により更新エラーが発生するため、Includeプラグインを使用し、”ページ分割”しています。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
カラ骨【小】30z3z992脊椎を利用した骨の薬莢。カラの実よりも頑丈で、
強度の高い弾を作り出せる。
カラ骨【大】5z993大型飛竜類の脊椎から採取された骨の薬莢。
頑強な弾は大量の火薬の爆発にも耐える。
竜骨【小】10z993非常に使い勝手の良い素材。
生活や狩りには欠かせない。
様々なものに加工される。
竜骨【中】210z994飛竜類から良く採れる。
小型の骨よりも加工の幅が増える。
骨の加工は削り出しが基本。
竜骨【大】440z995大型竜の骨。
一品モノの加工には欠かせない。
骨と甲殻をつなぐ素材が存在するらしい。
古龍骨880z994大型龍の骨。
骨だけでも威厳が感じられる。
堅竜骨560z995飛竜一体から数本しか採れない貴重な骨。
加工は難しいが大変強力で重宝する。
上竜骨560z995上質な竜の骨。入手は困難だが、
強力な武具の加工には欠かせない素材。
なぞの骨1z991風化してしまった骨。
加工するほどの堅さは無い。
なぞの頭骨120z994動物の頭骨。
風化していて元の生物も判定できない。
棒状の骨15z991ただの骨。
風化していて元の生物も判定できない。
大きな骨50z994大きくて太い骨。
工房で切り出されて加工の材料にされる。
獣骨20z993獣の丈夫な骨。
加工の容易な素材。
堅牢な骨600z995堅く大きな獣の骨。高い剛性を持つ
骨素材として、武具の加工に重宝される。
達人のドクロ1250z995達人級のハンターといえど、一瞬の油断で
昇天してしまう。そんな彼らの無念がみえる。
呑竜の軟骨100z995弾力に富み、劣化に強い呑竜の軟骨。
防具のつなぎ用素材としては、最高級品とされる。
蒼火竜の真骨頂0z995蒼火竜の魂そのものといえる、灼熱を宿す骨。
存在するだけで周囲の空間が歪んで見える。
銀火竜の真骨頂0z995銀火竜の魂そのものといえる、灼熱を宿す骨。
存在するだけで周囲の空間が歪んで見える。
滑らかな椎骨-0z?5重量がほぼ感じられないほど軽い骨片。
生産素材として使えそうだ。
獰竜の骨-1300z?5アビオルグの骨。この骨を加工し作られた武具は、高い耐久性を持つ。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ケルビの皮24z501砦の住人の防寒具や、
鎧のつなぎ素材に利用される。
ガウシカの毛皮35z993ガウシカからとれる毛皮。
毛並みが良く保温性も高い。ふわふわの手触り。
上質な毛皮104z994手触りのいい上質な毛皮。剥ぎ取るのは難しい。
ギルドでも重宝される素材。
モスの苔皮36z994モスの皮。苔で覆われている。
ファンゴの毛皮40z501ファンゴの皮。剛毛。
大猪の皮100z993ドスファンゴの皮。
剛毛だが、どこか美しい。
大猪の硬い皮200z994ドスファンゴの硬い皮。
ちょっとやそっとじゃ傷ひとつつかない。
ランポスの皮28z503鱗を剥ぎ取った状態の皮。砦でなめされて革となる。
鎧のつなぎ素材として重宝。
ランポスの上皮84z995鱗を剥ぎ取った状態の上質な皮。
丁寧になめされた革は多様な使い道がある。
ドスランポスの皮240z505ランポスリーダーの皮。
群れのリーダーらしく、いたるところに傷がある。
ゲネポスの皮28z503鱗を剥ぎ取った状態の皮。砦でなめされて革となる。
色の好みで使い分けられる。
ゲネポスの上皮126z995鱗を剥ぎ取った状態の上質な皮。
神経系の毒素を中和する効力を持つ。
ドスゲネポスの皮560z994ドスゲネポスの丈夫な緑の皮。リーダー格の皮は
強度が高く、上位品質防具のつなぎに必要。
イーオスの皮28z503鱗を剥ぎ取った状態の皮。砦でなめされて革となる。
赤い皮は装飾にも利用される。
イーオスの上皮168z995鱗を剥ぎ取った状態の上質な皮。装飾にも
利用される赤い革は、一切の毒の進入を拒む。
ドスイーオスの皮560z994ドスイーオスの丈夫な赤い皮。リーダー格の皮は
強度が高く、上位品質防具のつなぎに必要。
ギアノスの皮260z995鱗を剥ぎ取った状態の皮。なめされて革となる。
上品なその色は人気が高い。
ギアノスの上皮390z995ギアノスから剥ぎ取った上質な皮。
頑丈な武具への加工が期待できる。
ゴム質の皮370z994弾力性の高いゲリョスの皮。
絶縁物のため電気に強い。
ゴム質の上皮740z995弾力性の高いゲリョスの上質な皮。
ボリューミーなゴム質の皮が妙にここち良い。
ゴム質の紫皮620z995まれに現れる紫色のゲリョスから剥いだ皮。
シックな紫色はちょっぴりオトナ気分。
蛇竜の皮180z994蛇竜と呼ばれる飛竜種の皮。
渋い黒でつやつやしている。
蛇竜の上皮450z994蛇竜の上質な皮。
丈夫で黒光りしている。
縞模様の皮290z994蛇竜の縞模様の皮。
渋い黒と赤の縞模様は密かな人気を呼んでいる。
ブヨブヨした皮760z994最近の加工技術でようやく素材として扱われた皮。
不思議な性質を秘めている。
真珠色の柔皮1520z995フルフルから剥ぎ取ったきらきらと輝く皮。
皮の持つ不思議な性質は未だに謎。
魅惑色の柔皮1620z995何とも魅惑的な光沢を放つフルフルの皮。
見ているだけで、不思議な気分。
呑竜の皮100z995肌に吸いつく潤いとプリッとした感触が人気の
呑竜の皮。使いどころが難しい素材。
蛮竜の腹皮2000z995蛮竜の腹部から取れる皮。
非常に弾力があり衝撃に強い。
蛮竜の上皮3300z995蛮竜の腹部から取れる上皮。伸縮性があり、
扱いやすいため職人からの人気は高い。
ブルックの毛皮20z991ブルックのふさふさの毛皮。
ごわごわした手触りで、保温性は抜群。
エルペの毛皮20z991エルペのふわふわの毛皮。
雪のように白い毛皮で、保温・保湿性に優れている。
獰竜の皮-1800z?5アビオルグの皮。軽く、伸縮性があるため、防具のつなぎに利用される。
キリンの皮3250z995キリンの白く美麗な皮。剥ぎ取り行為自体が
危険で、取り扱いも難しい。至高の品。
キリンの上皮5000z995キリンの白く美麗な上質な皮。傷ひとつない
その上皮は、そのものの強さを物語る。
霞龍の皮1250z995オオナズチの皮。
不思議な触り心地で思わず頬ずりしたくなる。
霞龍の上皮1840z995オオナズチの上質な皮。不思議な触感は
そのままに、丈夫で軽い優れもの。
浮岳龍の皮1580z995ヤマツカミから剥ぎ取った皮。特殊加工によって、
美しい布地に変えることに成功した。
大巌竜の皮1200z995ラヴィエンテの皮。
薄皮ほどの厚さにも関わらず、驚くほど堅い。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ケルビの角52z994ケルビの角を細かく砕いて煎じたものは、
この地での腹痛薬である。
ガウシカの角58z994ガウシカの角。
武具の素材の他に、家の装飾に用いられる事もある。
金獅子の尖角3200z995荒ぶる黄金の獅子の角。
見るからに雄々しいその角はハンターの憧れの一品
真紅の角1520z995モノブロスの自慢の赤い角。
この角を手に入れた時、「ココットの英雄」となる。
白銀の角2280z995珍しい白色のモノブロスの角。美しく白銀に輝く逸品。
ハンターでなくても欲しくなる。
ねじれた角780z994ディアブロスのねじれた大きな角。
この地ではさまざまな用途で使用されている。
上質なねじれた角2400z995ディアブロスの上質なねじれた角。
状態がよく、より強い武具に加工される。
黒巻き角9600z995噂に聞く黒いディアブロスのねじれた角。
鈍く黒光りするその角は何とも雄々しい。
狂暴な双角-0z995類まれなる強度を誇る双角。
その堅牢さから、追い求めるハンターは多い。
棘竜の尖角4200z995棘竜の象徴である角。
死の瘴気が漂うそれは加工することも困難を極める一品。
棘茶竜の尖角5040z995ハンター達には角と呼ばれる棘茶竜の主棘。
尾よりも強い毒を持つ。
棘白竜の尖角6000z995長い年月、数多くの戦歴を経ても
折れることの無かった棘白竜の主棘。角とも呼ばれる。
堅硬な赤角0z995状態の良い棘竜の角。
非常に強靭なため高性能な武具素材となる。
舞雷竜の尖角5000z995生体電流の制御を司る機能を備えていると見られる角。
直接の攻撃には用いられない。
冥雷竜の尖角6000z995冥雷竜の角。
放出する黒雷の動きを制御していると考えられている。
攻撃には用いない。
氷狐竜の角2650z994デュラガウアの角。非常に硬くて丈夫で、
触るとひんやりとした感触が伝わってくる。
氷狐竜の尖角3800z994デュラガウアの良質な角。微妙な形状と色合いは、
同じものがひとつとして存在しない。
蛮竜の角3150z995蛮竜の象徴ともいえる角。非常に硬質で
壊れないため素材として扱うには腕がいる。
蛮竜の尖角4300z995蛮竜の魂が詰まった尖角。
生半可な職人では太刀打ちできないほど固く、鋭い。
ブルックの角20z991ブルックの大きな角。
見た目に反して柔らかく、熱を通しやすいのが特徴。
エルペの角20z991エルペの凛々しい角。
親子で形が違い、雄の方が大きくて硬い。
キリンの雷角2200z995落雷に匹敵するエネルギーを秘めた雷神の角。
至高の珍品。
キリンの蒼角5500z995キリンの角の中でも、特に珍品とされる蒼い角。
神々しい光をまとっている。
鋼龍の角2450z995クシャルダオラの雄々しい角。扱うには人並み以上の
経験と力量が必要だと言われている。
霞龍の角2680z995オオナズチの角。
白く僅かに光を放っている。
部屋のインテリアにも合いそうだ。
霞龍の尖角3220z995オオナズチの鋭い角。
丈夫で硬いのになぜか加工しやすい不思議な素材。
炎妃龍の角2000z995炎妃竜の気品のある角。
見る者の目を見据えて離さない何かがある。
炎王龍の角2000z995炎王龍の雄々しさを表す角。
見る者は一瞬のうちに身が縮まり、萎縮してしまう。
炎王龍の尖角2800z995炎王龍の燃えるような怒りがこめられている鋭い角。
微かに熱を帯びている。
極龍の角3200z995吸い付くような手触りを持つ極龍の角。
砕けやすいため剥ぎ取るのは至難の業。
極龍の曜角6500z995極龍の角でも、剥ぎ取り後も輝いている珍しい角。
輝く原理は不明。
老山龍の角1700z995ラオシャンロンの鼻先の角。
その削ぐ所のない角は究極の逸品。
紅蓮石と合成される。
老山龍の蒼角5100z995ひとつの岩山のような巨大龍から切り出された蒼色の角。
宝物庫に納められるほどの品。
黒龍の角1088z995頭に4本生えている角。
角には龍の力が宿ると言い伝えられている。
黒龍の紅角6528z995怒りで紅く染まる黒龍の角。
切り落とされてもなお、紅く光る角は黒龍怒りの象徴。
祖龍の角12300z995頭に生えている角。
普通の龍の角とは、比較にならないくらい強い力を感じる。
大巌竜の角2100z995ラヴィエンテの角。
圧倒的な重厚感は筆舌に尽くしがたい。

牙・嘴・顎

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
竜の牙58z6z993飛竜類の牙。
ボウガンの弾丸の先端部分になる。
火薬の力で、砕け散る弾となる。
大猪の牙160z994勇猛な大猪の牙
牙につく多数の傷は、数々の突進によるもの。
桃毛獣の牙770z995ババコンガの牙。
固い物も易々と噛み砕く丈夫な牙。
雪獅子の牙1350z995ドドブランゴの牙。
一見こぶりだが、短剣の様な鋭さを持っている。
雪獅子の鋭牙2150z995ドドブランゴの発達した犬歯。
太さは人間の腿ほどもあり、そのままでも武器になりそう。
金獅子の鋭牙1500z995ラージャンの鋭い牙。
触れるだけで皮膚が切れるほど研ぎ澄まされている。
響狼の鋭牙8200z995響狼の磨き抜かれた牙。
形状が美しく、美術品としても価値がある。
ランポスの牙82z35z992飛竜類ほどではないが、十分鋭い歯。
ボウガンの弾の素材として重宝されている。
ゲネポスの麻痺牙80z35z992ハンター達の体の自由を奪う強力な毒の牙。
その神経性の猛毒は飛竜類にも有効である。
イーオスの毒牙50z25z992生命を脅かす猛毒液を飛ばす牙。
取り扱いには細心の注意が必要である。
巨大なクチバシ1500z995大きくて非常に丈夫な、イャンクックのクチバシ。
立派なクチバシ2250z995大きく型の良いクチバシには
そうそうお目にかかれない。まさに、立派!
尖ったクチバシ1800z994イャンガルルガのくちばし。
イャンクックのそれと比べて、その獰猛さが見て取れる形状。
眠鳥のクチバシ700z995複雑な形の眠鳥のクチバシ。
独特のフォルムが、一部の好事家ハンターに人気。
眠鳥の牙ハシ1000z995形が整っており、牙のような鋭さを感じさせるクチバシ。
堅さをも兼ね揃える。
眠鳥の白牙ハシ2400z995冷ややかな鋭さを感じさせる白金のごときクチバシ。
極上の眠りを吐き出す。
魚竜の牙250z994魚竜類に属するガノトトス種とガレオス種の牙。
多層の歯で獲物に喰らいつく。
溶岩竜の牙700z994ヴォルガノスの牙。
甲殻類でさえ軽々と噛み砕く程の鋭さがある。
溶岩竜の鋭牙1350z995ヴォルガノスの鋭い牙。
鋭く強硬な牙は飛竜の外殻でさえも風穴を穿つ。
紅溶岩竜の牙1100z995紅溶岩竜の牙。
灼熱のマグマに耐えうる強度を持つ牙はあらゆるモノを砕く。
紅溶岩竜の鋭牙2000z995紅溶岩竜の鋭い牙。
鋭く強硬な牙は飛竜の外殻でさえも風穴を穿つ。
角竜の牙650z994角竜類に属するディアブロスとモノブロスの
太くて頑丈な牙。刃こぼれしにくい。
轟竜の牙600z995ティガレックスの牙。
獲物を砕く恐怖の牙に、誰もが震えを隠せない。
轟竜の鋭牙1800z995ティガレックスの鋭い牙。
鋭さを増した牙は、いかなる獲物も容易く切り裂く。
覇竜の大牙9500z995天を突く覇竜の大牙。数多の外敵を
貫いたであろうそれは、牙というにはあまりに巨大。
呑竜の牙100z995黄ばみの目立つ呑竜の牙。
臭いがきつく、大きさや形が不揃いなため、需要が少ない。
大巌竜の牙3800z995ラヴィエンテの牙。
1本1本が角並みに大きく鉱石よりも高い硬度を誇る。
真っ白な巨牙0z995状態の良い棘竜の牙。
高い硬度を活かし、高性能な武具素材となる。
尾晶蠍の大顎4200z995鉱石すら問題にしない咀嚼力を持つ尾晶蠍の大顎。
食物摂取にのみ使われる器官。
灰晶蠍の大顎4800z995鉱石すら問題にしない咀嚼力を持つ灰晶蠍の大顎。
食物摂取にのみ使われる器官。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
竜の爪180z18z503飛竜類の爪。
ボウガンの弾丸の先端部分になる。
中に火薬を詰めて、広域爆薬弾となる。
とがった爪12z993黒光りする鋭い爪。
飛竜の物とは違い、物を掴みやすい形状をしている。
桃毛獣の爪880z994コンガ種の爪。
大きくて鋭く、黒光りしている。
桃毛獣の尖爪1500z995ババコンガの鋭い爪。特に気性の荒い個体の物。
長くて硬いので扱いが大変。
金獅子の尖爪2200z995荒ぶる黄金の獅子の鋭い爪。
剥ぎ取るのも加工するのも困難な素材。
響狼の鋭爪2200z995響狼の鋭い爪。
固い地面にも突き刺さり、駆ける際には滑り止めとなる。
ドスランポスの爪200z995群れのリーダーランポスの爪。
鋭い大爪は刃物のようになっている。
ランポスの尖爪550z995ドスランポスの鋭い爪。
研ぎ澄まされた爪は獲物に深く食い込む。
眠鳥の爪300z994にぶく黒光りする眠鳥の爪。
折れにくいため、武具の装飾に重宝される。
眠鳥の尖爪500z994眠鳥から剥ぎ取った上質な爪。
非常に鋭く、そして堅い。
つややかな黒は、上質の証。
火竜の翼爪600z994飛竜の翼に生えている爪。
まれに、交戦中に剥ぎ取れることがある。
轟竜の爪700z995他の飛竜には見られない、特徴的な前肢にある
轟竜の爪。凶悪な切れ味を誇っている。
轟竜の尖爪2100z995年月を経た轟竜の鋭い爪。
引き裂いた獲物の数だけ鋭くなると言う。
覇竜の剛爪6408z995大地をも砕く覇竜の剛爪。堅い岩盤も
容易く砕く爪は、もはや生物の物とは思えない。
舞雷竜の尖鉤爪4000z995舞雷竜の代表的な特徴たる、長い鉤爪。
独自の形をした翼爪と考えられている。
冥雷竜の尖鉤爪8000z995黒雷の次に主力武器として活躍する
冥雷竜の特徴的な鉤爪。狙った獲物は決して逃さない。
氷狐竜の爪2300z994デュラガウアの鋭い爪。
金属に叩きつけると独特の高い澄んだ音が鳴る。
氷狐竜の鋭爪3500z994デュラガウアの良質な爪。美しい色の
グラデーションにこだわりを持つハンターも多い。
蛮竜の爪2800z995蛮竜の巨体を支える爪。
密度が高く、ずしりと重い。
蛮竜の尖爪4000z995研ぎ澄まされた蛮竜の尖爪。数多の獲物を
引き裂いた爪は鈍色に光ると言われている。
盾蟹の爪1350z994巨大な盾蟹の爪。
その鋭い爪は岩をも砕く。
盾蟹の尖爪1950z995巨大な盾蟹の爪。
まるで金属の様な堅さを誇る。
鎌蟹の爪1200z995巨大な鎌蟹の爪。
己の行く手を阻む者をなぎ払う。
鎌蟹の尖爪3500z995巨大な鎌蟹の鋭い爪。
その鋭い爪はハンター達の脅威の的。
砦蟹の尖爪3200z995砦蟹の鋭い爪。
あらゆる障害物を払いのける恐るべき爪。
尾晶蠍の尖爪4200z995鎌蟹にも劣らぬ鋭さを備える尾晶蠍の尖爪。
無機質で不気味な光沢を放つ。
灰晶蠍の尖爪4500z995鎌蟹にも劣らぬ鋭さを備える灰晶蠍の尖爪。
無機質で不気味な光沢を放つ。
鋼龍の爪2100z995クシャルダオラの爪。
まるで鉱石の様に硬く、並大抵の職人では扱えない。
鋼龍の尖爪3600z995クシャルダオラの鋭い爪。
黒光りするその爪は今尚生気を帯びている様だ。
霞龍の爪2800z995オオナズチの爪。
細いけれども強度は高く加工しやすい性質を持つ。
炎龍の爪1200z995鋭く光る炎王龍の爪。
その加工は一流の職人でも難しいと言われている。
極龍の爪1800z995羽のように軽く、未加工でも鋭い切れ味を持つ極龍の爪。
素手で触ると指がとぶ。
極龍の鋭爪3100z995より鋭さを増した極龍の爪。
未加工でも鋼を断つことが出来る切れ味を持つ。
老山龍の大爪1920z995ラオシャンロンの大爪。
細かく加工するのは不可能なので、そのまま使われる。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ランポスの鱗40z503ランポスから剥ぎ取った鱗。黒い部分と
青い部分があり、好みによって使い分けられる。
ランポスの上鱗120z995ランポスから剥ぎ取った上質な鱗。
より軽く、より丈夫な防具ができる。
ゲネポスの鱗40z503ゲネポスから剥ぎ取った鱗。
砂漠地帯では保護色になっている。
ゲネポスの上鱗180z995ゲネポスから剥ぎ取った上質な鱗。
強固な鱗は生半可な牙など通さない。
イーオスの鱗40z503イーオスから剥ぎ取った鱗。
毒々しい鱗は皮膚に悪影響を及ぼすので、毒抜きされる。
イーオスの上鱗240z995イーオスから剥ぎ取った上質な鱗。
厳重に毒抜きされた後、加工される。
ギアノスの鱗220z995ギアノスから剥ぎ取った鱗。
雪に紛れて獲物に近づくのに適した色合いを持つ。
ギアノスの上鱗300z995ギアノスから剥ぎ取った上質な鱗。
より優れた武具の加工を可能にする。
怪鳥の鱗1500z150z994耐火性に優れているイャンクックの桃色の鱗。
フィールドに落ちていることもある。
青怪鳥の鱗400z995世にも珍しい青いイャンクックの鱗。
この青色は、この鱗からでしか出せない。
黒狼鳥の鱗400z994イャンガルルガの鱗。紫黒色に禍々しく輝く。
水竜の鱗480z994鈍く瑠璃色に光るガノトトスの鱗。
水分を失うと脆くなる性質がある。
水竜の上鱗1780z995鈍く瑠璃色に光るガノトトスの上質な鱗。
水分を失ってもその輝きは失われない。
翠水竜の鱗2560z995どこかに生息しているという翠色のガノトトスの鱗。
艶のある翠色はまるで宝石の様。
翠水竜の上鱗3840z995翠色ガノトトスの上質な鱗。
澄んだ翠色は見る者を魅了する。
砂竜の鱗400z994ガレオス種の鱗。
砂を洗い流すと、美しい青色をしている。
保湿性が非常に高い。
砂竜の上鱗1440z995ガレオス種の上質な鱗。
保湿性の高い鱗は水分を逃がすことがなく、常に青く輝く。
砂竜の紫鱗2400z995ガレオス種からまれに剥ぎ取れる紫の鱗。
鮮やかな紫色はハンター達の中で人気が高い。
溶岩竜の鱗500z994ヴォルガノスから剥ぎ取れる金色の鱗。
灼熱の溶岩の熱に耐える強度を持つ。
溶岩竜の上鱗1980z995ヴォルガノスから剥ぎ取れる上質な鱗。
鮮やかで美しい金色はコレクター涎垂の品。
雌火竜の鱗490z994この地域全域に生息する飛竜、リオレイアの鱗。
リオレウスはその雄である。
雌火竜の上鱗1470z995リオレイアの上質な鱗。見た目は
普通の鱗とさほど違いはないが、硬さは雲泥の差。
雌火竜の逆鱗4850z995尻尾にあるといわれる、リオレイアの逆鱗。
灼熱の鱗は、火竜の名にふさわしい逸品。
桜火竜の鱗735z995幻とされていた桜色のリオレイアの鱗。
まるで花びらのよう。
桜火竜の上鱗2450z995桜色のリオレイアからはいだ上質な鱗。
色味とは裏腹に非常に強固。おしゃれな貴方に。
金火竜の上鱗2200z995金色のリオレイアから剥いだ黄金の鱗。
闇夜でも眩しく光輝いている。
火竜の鱗490z994飛竜、リオレウスの鱗。
飛竜の鱗と甲殻は加工素材の基本である。
火竜の上鱗1470z995リオレウスから剥ぎ取った上質な鱗。
並々ならぬ強度を持っている。
火竜の逆鱗4850z995尻尾にあるといわれる、リオレウスの逆鱗。
灼熱の鱗は、火竜の名にふさわしい逸品。
蒼火竜の鱗735z995幻とされる蒼いリオレウスから剥ぎ取った鱗。
夜空の色を映したかのよう。
蒼火竜の上鱗1960z995蒼色のリオレウスから剥いだ上質な鱗。
美しさもさることながらその強度に驚かされる。
銀火竜の上鱗2200z995伝説の銀色のリオレウスから剥いだ上質な鱗。
月の様に静かな光を放つ。
轟竜の鱗490z994凶暴なティガレックスから剥ぎ取った鱗。
とても分厚く、頑丈。
轟竜の上鱗1470z995傷ひとつない轟竜の上質な鱗。
重ね合わせる事で、上質な鋼を楽に上回る硬度となる。
覇竜の上鱗4272z995鈍く光る覇竜の鱗。
溶岩の中でも溶けない、恐ろしい頑強さ。
棘竜の上鱗1750z995棘竜の体表を覆う鱗。
戦いの証である傷も見られるが硬度は他の比ではない。
棘茶竜の上鱗2100z995棘茶竜の体表を覆う鱗。経年で硬質化した角質が
幾重も巻き、樹木の年輪を思わせる。
棘白竜の上鱗2500z995棘白竜の体表を覆う鱗。
美しくも恐ろしい一面を持つ雪のような白さをしている。
重厚な巨鱗0z995非常に珍しい形をした棘竜の逆鱗。
鋭い外縁を利用し、高性能な武具素材となる。
舞雷竜の上鱗4000z995帯電による赤熱に耐性の高い赤みがかった鱗。
堅く薄く軽い。
舞雷竜の帯電鱗30000z995生涯最初の放電以来、帯電し続ける舞雷竜の特殊な鱗。
一頭に数枚しか存在しない。
冥雷竜の上鱗5000z995冥雷竜の上質な鱗。保温性に優れており、
極寒地方の武具素材として人気が高い。
氷狐竜の鱗1000z994デュラガウアの鱗。硬度が高く保温性にも
優れているため、加工素材として重宝されている。
氷狐竜の上鱗2000z994デュラガウアの上質な鱗。光にかざすと、
宝石のように美しく深い鉄色【てついろ】を放つ。
蛮竜の鱗1500z995蛮竜の体表を覆う群青色の鱗。
水につけることで光沢が増す不思議な性質がある。
蛮竜の上鱗2500z995蛮竜の鱗の中でも変質したものを上鱗と呼ぶ。
透けるような青色は、何ともいえぬ趣がある。
朽ちた龍鱗320z995長い年月の末に朽ち果てた、龍の鱗。
かつての強大な力を感じさせるものはすでにない。
鋼の龍鱗800z995鈍く輝く銀色の鱗。非常に硬く、
研磨剤としても最高級の品質を誇る。
炎の龍鱗1050z995今だに熱を帯びている炎龍の鱗。
獄炎の龍鱗1800z995燃えるような熱を帯び、その威厳を保つ炎龍の鱗。
極龍の鱗2300z995鈍い輝きを放つ極龍の鱗。
高い硬度を持ち、加工が大変な工房泣かせの素材。
極龍の電鱗4000z995電気を帯びた極龍の鱗。
鱗自体が発電しているかのように電気を発する。
老山龍の鱗650z995巨龍から剥ぎ取った赤黒い鱗。
飛竜類の甲殻に匹敵する。加工もしやすい。
老山龍の上鱗1950z995巨龍から剥ぎ取った赤黒い上質な鱗。
その硬度は飛竜類の堅殻に匹敵する。
黒龍の鱗1068z995体表面を覆う漆黒の鱗。
この鱗の一部が成長すると甲殻になる。
黒龍の紅鱗4272z995怒りで紅く染まる黒龍の鱗。
暗闇でもうっすらと紅い光を放っている。
祖龍の白鱗8852z995光がなくとも白く輝く鱗。
凶暴の中にも高貴さを漂わせる。
大巌竜の鱗800z995ラヴィエンテの鱗。
使いこむほど味がでる材質でハンターたちに大人気。

甲殻

モンスター素材/甲殻の編集用ページは、こちらです。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ランゴスタの甲殻120z994加工の方法によっては飛竜類の甲殻に
匹敵する強度が期待できる。特殊な素材が必要。
ランゴスタの堅殻240z995ランゴスタの甲殻の中でも特に堅い部位。
加工することで特殊な性質を発揮する。
カンタロスの甲殻120z994加工の方法によっては飛竜類の甲殻に
匹敵する強度が期待できる。特殊な素材が必要。
カンタロスの堅殻360z995カンタロスの甲殻の中でも特に堅い部位。
加工することで特殊な性質を発揮する。
怪鳥の甲殻345z994イャンクックの耐火性の甲殻。
火への耐性が多少強くなる。
怪鳥の堅殻690z995怪鳥の甲殻より堅い部位の外殻で、
この地域では【けんかく】と呼ばれている。
青怪鳥の甲殻550z995世にも珍しい青いイャンクックの甲殻。
鮮やかな青は人気の一品。
青怪鳥の堅殻1380z995青いイャンクックの甲殻よりも堅い部位の外殻。
様々な加工品に使用される。
黒狼鳥の甲殻650z994イャンガルルガの甲殻。
希少種の素材ゆえ、研究素材としても引く手数多。
エビの小殻1500z995魚竜類の餌となったと思われるキングロブスター。
胃袋に頭の殻が残っていた。珍品。
エビの大殻2500z995魚竜類の餌となったと思われるキングロブスター。
胃袋に甲殻が残っていた。珍品。
エビの巨大殻3500z995魚竜類の餌となったと思われるキングロブスター。
胃袋に甲殻が残っていた。贅沢。
溶岩竜の甲殻950z994ヴォルガノスの身を覆う甲殻。
鉱物を含む溶岩が冷え固まり、外敵から身を守る鎧となった。
溶岩竜の堅殻2650z995希少な鉱物を含んだヴォルガノスの堅殻。
たとえ飛竜であっても傷をつけるのは至難の業。
紅溶岩竜の甲殻1500z995溶岩竜の身を覆う紅の甲殻。
良質の鉱物を含む鎧は灼熱の熱気を放つ。
紅溶岩竜の堅殻4000z995希少な鉱物を含んだ紅溶岩竜の堅殻。
未だ灼熱の熱気を放ち、近づく者の身を焦がす。
雌火竜の甲殻650z994リオレイアの鱗が複数枚集まって、より強固になった甲殻。
鱗よりも硬度が高い。
雌火竜の堅殻1950z995雌火竜の甲殻よりも硬い部位の外殻で、
この地域では【けんかく】と呼ばれている。
桜火竜の甲殻975z995桜色のリオレイアの甲殻。
成長と共に鱗が複数集まり、甲羅のように固まった部位。
桜火竜の堅殻3250z995桜火竜の甲殻よりも堅い外郭。
色鮮やかで美しく、様々な武具に使用される。
金火竜の堅殻3900z995金色の鱗が複数枚集まってできた堅い外殻。
金の延べ棒の様でかなりゴージャス。
火竜の甲殻650z994リオレウスの鱗が複数枚集まって、より強固になった甲殻。
鱗よりも強度が高い。
火竜の堅殻1950z995火竜の甲殻よりも堅い外郭で、
この地域では【けんかく】と呼ばれている。
蒼火竜の甲殻975z995蒼色のリオレウスの甲殻。成長すると共に鱗が複数集まり、
甲羅のように固まった部位。
蒼火竜の堅殻2600z995蒼火竜の甲殻より堅い外殻。色鮮やかで美しく、
様々な武具に使用される。
銀火竜の堅殻3900z995銀火竜から剥ぎ取った堅い外郭。
銀色の鱗が複数枚集まり冷たい光を帯びる。
岩竜の甲殻440z994バサルモスの外殻。成分は岩に近い。
金属が精製できることがある。
岩竜の堅殻2200z995岩竜の甲殻よりも硬い部位の外殻で、
この地域では【堅殻】と呼ばれている。
鎧竜の甲殻970z994岩と見まごうばかりのグラビモスのゴツゴツとした甲殻。
鉱石が希に混ざっている。
鎧竜の堅殻1880z995甲殻よりも硬い部位の外殻で、
この地域では【堅殻】と呼ばれている。
黒鎧竜の甲殻3760z995どこかに生息しているという、黒いグラビモスの甲殻。
重厚な黒は迫力がある。
黒鎧竜の堅殻5640z995黒いグラビモスの堅殻。その風貌は
焼けた岩のように黒く、加工するにも困難を極める。
一角竜の甲殻650z994ディアブロスの亜種である、モノブロスの甲殻。
全身浅黒く変色している。
一角竜の背甲1340z995モノブロスの背中の非常堅い甲殻。
接合面をうまく切り出して武具に利用される。
白一角竜の甲殻975z995珍しい白色のモノブロスから剥ぎ取った甲殻。
清潔感のある白が人気のヒミツ。
白一角竜の背甲2010z995珍しい白色のモノブロスの背甲。
器用に切り出された装甲は、白銀一色に輝く。
角竜の甲殻850z994全身を覆うディアブロスの甲殻。
叩く事でわかる質感は高密度。見た目よりも重い。
角竜の堅殻1950z995角竜の甲殻よりも堅い部位の外殻で、
この地域では【けんかく】と呼ばれている。
角竜の背甲1340z995ディアブロスの背中の非常に堅い甲殻。
接合面を上手く切り出して武具に利用される。
角竜の堅甲4020z995背甲の中でも特に堅い部分がこの堅甲。
切り出すのにも一苦労。
黒角竜の甲殻1900z995噂に聞く黒いディアブロスの甲殻。
闇夜の様な黒はハンターに人気の一品。
黒角竜の堅殻3280z995普通の角竜の堅殻とは違う成分が含まれているため、
より強固で、傷つきにくい。
黒角竜の背甲4040z995噂に聞く黒いディアブロスの背甲。
器用に切り出された黒い装甲は、重厚にして鈍重。
黒角竜の堅甲6030z995黒いディアブロスの堅い甲殻。
砂漠の熱風に長期間曝されても劣化しない頑強さ。
轟竜の甲殻650z994どんな衝撃も跳ね返す、ティガレックスの甲殻。
驚くほどの頑強さを持つ。
轟竜の堅殻1950z995年月を経て堅さを増した轟竜の甲殻。
鋭く尖ったエッジが、轟竜の凶暴さを物語る。
覇竜の堅殻5580z995鈍く光る覇竜の甲殻。
上等な鉱物の数倍の堅牢さを
誇る。加工は困難。
棘竜の堅殻2000z995異常なほどの硬度を誇る棘竜の甲殻。
歴戦の覇者の鎧を砕くのは容易ではない。
棘茶竜の堅殻2400z995削れても割れることを知らない粘りのある棘茶竜の甲殻。
深い色合いが古木を想わせる。
棘白竜の堅殻2800z995非常に高い硬度を誇るが、
それゆえに加工がとても困難な棘白竜の甲殻。
舞雷竜の堅殻2000z995通電、および帯電性に優れた黒緑色の甲殻。
うかつに扱えば感電する。
冥雷竜の堅殻3000z995冥雷竜の丈夫な外殻。
大地に雪が降り積もったような色合いが特徴的。
氷狐竜の甲殻1500z994デュラガウアの鱗が集まって、より強度が増した甲殻。
外界の温度によって色が変化する。
氷狐竜の堅殻2800z994デュラガウアの甲殻よりもさらに堅い部位の外殻。
傷を付けることすらままならない。
盾蟹の小殻45z992巨大な甲殻類の骨格。
サイズが小さいために、使う用途は限られている。
盾蟹の甲殻550z994巨大な甲殻類の外骨格。
層状になったキチン質の殻は見た目よりも軽く加工も容易。
盾蟹の堅殻1050z994巨大な盾蟹の堅殻。
甲殻よりも堅く、加工も難しい素材。
鎌蟹の小殻55z992巨大な鎌蟹の外骨格。
見た目よりも軽く加工も容易。
鎌蟹の甲殻720z994巨大な鎌蟹の外骨格。
独特の色味と模様が特徴的。
鎌蟹の堅殻2500z994甲殻よりも堅い鎌蟹の外骨殻。
切り出すのも一苦労する。
砦蟹の甲殻1400z995砦蟹から剥ぎ取った甲殻。
長い年月を経て形成されたその甲殻は金属並みに堅い。
砦蟹の背甲3000z995シェンガオレンの背中の甲殻。
体を外敵から守るこの部分は防御の要で高い硬度を誇る。
砦蟹の堅甲6000z995シェンガオレンの背中の堅殻。
この厚い殻を纏って歩く砦蟹の姿は、まさに難攻不落の城。
尾晶蠍の堅殻2400z995自身の作りだす晶石と成分を同じくする甲殻。
過去の修復跡が層を形成する。
灰晶蠍の堅殻2800z995自身の作りだす晶石と成分を同じくする甲殻。
過去の修復跡が層を形成する。
錆びた甲殻1000z995錆びた龍の甲殻。
職人達の技術があればまだまだ使える。
鋼龍の甲殻1300z995クシャルダオラの甲殻。
銀色に輝く光る甲殻は丈夫で用途が広い。
鋼龍の堅殻3200z995甲殻が年月をかけてさらに硬度を増したもの。
加工するのも困難な素材。
炎妃龍の甲殻1800z995高貴なる炎妃龍の甲殻。
気品あるその蒼は他に比類がない。
炎王龍の甲殻1800z995偉大なる炎王龍の甲殻。
燃えるようなその赤は王者たる証。
炎王龍の堅殻3200z995甲殻よりも堅い炎王龍の堅殻。
赤い鋼の様なその堅殻は見る者の目を奪う。
老山龍の甲殻900z995巨龍から剥ぎ取った甲殻。
全身を覆う装甲の厚さは長寿を物語る。
老山龍の堅殻2700z995巨龍から剥ぎ取った堅殻。
さらなる年月を経る事で、甲殻が堅殻となる。
老山龍の蒼甲殻3375z995ひとつの岩山のような巨大龍から切り出された蒼色の甲殻。
大きさはもはや岩盤に近い。
黒龍の甲殻1395z995黒龍の脊髄を守る漆黒の甲殻。
隙間無く多層に重なっており、並の武器では歯が立たない。
黒龍の紅殻5580z995怒りで紅く染まる黒龍の甲殻。
漆黒に怪しく光る紅色は、まるで黒龍の残留思念のよう。
祖龍の堅殻10230z995巨龍から剥ぎ取った堅殻。
長い年月を経て堅殻になるため、現存数は少ない。

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
カンタロスの頭175z994鋭い角のついた頭の甲殻。武器に防具に
用途は豊富で、加工には特殊な素材が必要。
モスの頭12z994モスの頭。
これを持って帰るハンターは少ない。物好きの証。
ファンゴの頭130z994ファンゴの頭。
2本の立派な牙がいかつい。
ドスランポスの頭560z995トサカの付いた大きな頭。
かぶると少しランポス気分。けっこう暖かい。
ドスゲネポスの頭880z994ドスゲネポスの頭。
二本のトサカがチャームポイント。
ドスイーオスの頭770z994ドスイーオスの頭。
大きなトサカは、見る者をひきつける。
毒怪鳥の頭2200z995ゲリョスのユニークな形をした頭。
ゲリョス愛好家にはたまらない一品。
蛇竜の頭750z994まるで蛇の様な蛇竜の頭。
今にも牙を向けてきそうな迫力がある。
鎧竜の頭殻2550z995グラビモスの頭の一部を剥ぎ取ったもの。
加工での取り扱いは難しい。
黒鎧竜の頭殻7650z995黒いグラビモスの顔の一部。
黒い仮面のように見えるその面持ちは、迫力満点。
竜頭殻780z994甲殻種が宿していた飛竜の頭から取れた甲殻。
轟竜の頭殻2550z995ティガレックスの頭。
未だ生きているかのような恐ろしい外見。
棘竜の頭殻10000z995棘竜から剥ぎ取られた頭。未だその覇気は
失われず、圧倒的な存在感を放っている。
棘茶竜の頭殻6000z995渾身の力漲る棘茶竜の頭殻。迫り来る迫力は、
頭殻のみとなっても衰えていない。
棘白竜の頭殻4000z995棘白竜の顔の一部を剥ぎ取ったもの。
十分に猛々しさを感じる。
ブルックの頭100z992ブルックの頭。かなり大きくずっしりと重い。
かぶりものとして人気がある。

翼・ヒレ・羽根

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ランゴスタの羽73z994非常に加工の難しい素材。
表面と裏面で仕上がりが違う。
ランゴスタの薄羽256z994ランゴスタの刃状の薄い羽。変異体の殺傷能力の
秘密は、この特殊な羽にあるようだ。
カンタロスの羽73z994非常に加工の難しい素材。
その黒い羽は光にあたると、複雑な色を反射する。
カンタロスの薄羽256z995カンタロスの刃状の薄い羽。変異体の殺傷能力の
秘密は、この特殊な羽にあるようだ。
怪鳥の翼膜650z994イャンクックの翼の膜。
つなぎの素材として獣の皮より優れている。
毒怪鳥の紫翼2300z995まれに現れる紫色のゲリョスの翼。
非常に珍品。
黒狼鳥の翼1950z994イャンガルルガの翼。高い加工技術が
必要なものの、紛う方なき一級のつなぎ素材。
七色尾羽根700z995光加減で七色に見える尾羽根。
装飾用品として多用される。若いご婦人に特に人気。
銀色尾羽根2000z995光加減で銀色に見える尾羽根。
装飾用品として珍重される。高貴なご婦人も垂涎の品。
水竜のヒレ820z995ガノトトスの美しいヒレ。ヒレの先端の棘には
毒があり、刺されたものは昏倒する。
水竜の上ビレ1640z995ガノトトスの美しい上ヒレ。
美しさとは裏腹にそのトゲには神経性の毒を持つ。
翠水竜のヒレ3280z995翠色のガノトトスのヒレ。
その美しさゆえに、装飾に用いられる事が多い。
翠水竜の上ビレ3690z995翠色のガノトトスの上ビレ。
柔軟で加工しやすく、宝飾品にも広く利用される。
砂竜のヒレ550z995ガレオス種のヒレ。
毒は無いが、刃物のような鋭い形状をしている。
砂竜の上ビレ1050z995ガレオス種の上質のヒレ。
普通のヒレより鋭さが増している。
砂竜の桃ヒレ2750z995ガレオス種からまれに剥ぎ取れる桃色のヒレ。
うっすらピンク色でカワイイ。
溶岩竜のヒレ920z995ヴォルガノスのヒレ。加工せずとも
刃のような鋭さがあり武器の素材として人気。
溶岩竜の上ビレ2980z995加工する際は慎重を極める程の切れ味を持つヒレ。
武器の素材としては極上の一品。
紅溶岩竜のヒレ1400z995紅溶岩竜のヒレ。加工せずとも
刃のような鋭さがあり武器の素材として人気。
紅溶岩竜の上ビレ4500z995加工する際は慎重を極める程の切れ味を持つヒレ。
武器の素材としては極上の一品。
火竜の翼膜880z994加工難度は高いが保湿性に優れており、
鎧のインナー素材として広く使われている。
火竜の翼2550z995翼自体を切り出した逸品。
工房の職人が腕を振るって強力な大剣に仕上げる。
蒼火竜の翼5100z995翼自体を切り出した逸品。
武器にも防具にも加工できる優れもの。
銀火竜の翼膜3520z995加工難度は高いが銀の甲殻との相性が良く、
互いを高め合う素材として珍重される。
銀火竜の翼10200z995翼自体を切り出した逸品。
銀色に光るその翼はハンターたちの憧れの的。
魅惑色の翼膜2400z995加工難度は高いが使用用途が多彩で色彩も珍しく、
重宝されている。
岩竜の翼1420z995退化しかけのバサルモスの翼。
加工での取り扱いは難しい。
舞雷竜の上翼5000z995舞うような優雅さをたたえる舞雷竜の翼。
モンスター素材としては、驚くほどの軽さ。
冥雷竜の上翼6000z995驚くほど軽い冥雷竜の翼。
放っておくと帯電し、赤黒い静電気が発生する。
呑竜のヒレ100z995柔らかな呑竜のヒレ。いくら洗ってもぬるつくため、
素材としては利用価値が低い。
蛮竜の翼3700z995蛮竜の翼。縁が薄い刃のようになっており危険。
剥ぎ取りには細心の注意を要する。
蛮竜の上翼5000z995翼の縁の刃に波紋があるものが上翼と呼ばれる。
独特の粘りがあり、刃が折れにくいのが特徴。
朽ちた龍翼1500z995錆びた龍の朽ちた翼。
錆を落としてから使用する。
錆びた龍翼2800z995錆びた龍の翼。
外殻は錆びても、その中の性質は失われることはない。
鋼龍の翼膜1800z995加工難度は高いが金属との相性も良く、
丈夫で軽い為、重宝されている。
霞龍の翼膜1760z995オオナズチの薄くて軽い翼膜。
耐久力があり、優れたインナー素材に用いられる。
炎妃龍の翼膜1600z995高貴なる炎妃龍の翼膜。
気品漂うその蒼色はハンター達の憧れの的。
炎王龍の翼膜1600z995炎王龍から剥ぎ取った翼膜。
不思議な性質のその翼膜は様々な加工が施される。
極龍の翼4300z995剥ぎ取った後も、淡い輝きを発する極龍の翼。
武具以外に宝飾品としても珍重される。
極龍の雷膜6900z995極龍の翼から淡く輝く膜状の部分を切り出したもの。
帯電しているが触っても痺れない。
浮岳龍のヒレ2500z995巨大な龍、ヤマツカミの触手に生えているヒレ。
軽くてすべすべしている。
黒龍の翼膜1965z995剥ぎ取りで広い面積を確保できれば、多用途に使える。
加工する際には鮮度が重要。
黒龍の紅翼7860z995怒りで紅く染まる黒龍の翼。
漆黒に浮かぶ紅い模様は、闇夜に流れるマグマのよう。
祖龍の翼膜9900z995白く怪しく光るその翼は、
禍々しくもあり、神々しくも見える。
大巌竜の翼1900z995ラヴィエンテの翼。
ヒレのような形状だが、その大きさはもはや翼。

尻尾

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
女王虫の尻尾1800z995ランゴスタクィーンの尻尾。
親衛隊の虫が、希に卵を抱えた状態の尻尾を運んでいる。
雪獅子の尻尾980z995ドドブランゴの尻尾。
ツヤのあるすべすべした触り心地がたまらない。
金獅子の尻尾4500z995ラージャンの光り輝く尻尾。
その黄金の毛並みは見とれる程に美しく気品がある。
ドスゲネポスの尾600z995ドスゲネポスのしなやかな尾。
砂漠に適応した強固な鱗が、表面をびっしりと覆っている。
黒狼鳥の尻尾1500z994イャンガルルガの尻尾。
ショックに鋭敏に反応して、毒液を吹く危険な器官を持つ。
火竜の尻尾1200z995切り取ったリオレウスの尻尾。
用途は多岐にわたる。
蒼火竜の尻尾1800z995切り取った蒼いリオレウスの尻尾。
様々な用途が考えられる分、その価値も高い。
銀火竜の尻尾4800z995切り取った銀のリオレウスの尻尾。
様々な用途が考えられる分、その価値も高い。
角竜の尻尾1280z995ディアブロスの自慢の尻尾。
鉄のハンマー顔負けの強度と威力を誇る。
黒角竜の尻尾3680z995噂に聞く黒いディアブロス自慢の尻尾。
その重厚な塊は黒鉄の巨鎚を思わせる。
轟竜の尻尾1200z995凶暴なティガレックスの尻尾。
しなやかで強力な尻尾は、頑強な武具へと生まれ変わる。
覇竜の尻尾9312z995大岩のような覇竜の尻尾。
擦れた大地が丸ごと削り取られる程の重さと迫力。
棘竜の尻尾4200z995棘竜の尻尾。
無数の棘が残るそれにはあらゆるものを死に誘う毒が残る。
棘茶竜の尻尾5040z995棘茶竜の尻尾。
一尾から取れる毒は、千頭のランポスの致死量に匹敵する。
棘白竜の尻尾6000z995棘白竜から切り取った尻尾。
猛烈な毒と強烈な破壊力を兼ね備えている。
舞雷竜の靭尾5000z995空中での行動が多い舞雷竜の運動性の要となる主尾。
柔軟かつ強靭。
冥雷竜の靭尾6000z995しなやかで強靭な冥雷竜の尾。
他の飛竜に比べて小振りだが、素材としての耐久力は抜群。
氷狐竜の尾4000z994デュラガウアの棘の付いた尾。
硬度が高く、同じ素材でないと削ることができない。
氷狐竜の靭尾6000z994立派な棘が付いたデュラガウアの上質な尾。
珍品として高値で取引されることも。
蛮竜の尾4500z995ぼんやりと発光する突起がついた尾。
繊細なため下手に尾から引き抜くとひび割れる。
蛮竜の靭尾15000z995蛮竜の靭尾。淡く発光する棘が多く残っており、
見れば必ず感嘆してしまうほど美しい。
尾晶蠍の靭尾9600z995強靭な尾晶蠍の尾。広い可動域と柔軟性を持ち、
容赦ない殴打で、目標を叩き砕く。
灰晶蠍の靭尾10000z995強靭な灰晶蠍の尾。広い可動域と柔軟性を持ち、
容赦ない殴打で、目標を叩き砕く。
キリンの雷尾4500z995気品溢れるキリンの尻尾。
電気を帯びた優雅な毛並みは、至高の珍品。
鋼龍の尻尾2250z995クシャルダオラから切り取った尻尾。
大木ですらなぎ倒す破壊力を持つ。
霞龍の尻尾3800z995特徴的な形をしているオオナズチの尻尾。
不思議な触り心地。
炎妃龍の尻尾2500z995ハンター達には脅威となる炎妃龍の尻尾。
その破壊力は岩をも砕く。
炎王龍の尻尾2500z995大木すらなぎ倒す炎王龍の尾。
赤い鱗に覆われたその尻尾は切り取るのも大変。
極龍の尾4800z995高い弾力を持つ極龍の尾。
よく弾むため、緩衝材として注目が集まっている。
極龍の靭尾8800z995よりしなやかで強靭な、極龍の尾。
鋭い刃物ですら傷をつけるのは困難。
大巌竜の尾1600z995ラヴィエンテの尾。
鉛のような重さだが、しなやかさは類を見ない。

毛・髭・髪

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
桃毛獣の毛75z994コンガ種の桃色の毛。
ふさふさなその毛は服飾の材料に用いられる。
桃毛獣の剛毛180z995ババコンガの硬い毛。
丈夫なその毛は加工され、装備品の大事な素材となる。
極彩色の毛980z995コンガ種の頭部などに生えている毛。
色とりどりで見目美しい。
雪獅子の毛80z994ブランゴ種の真っ白い毛束。
驚くほど保湿性が高く、また一本一本が鉄鎖のように強靭。
雪獅子の剛毛250z995ブランゴ種の硬い毛。
ハリのある丈夫な毛は、加工素材として重宝されている。
雪獅子の髭820z995ドドブランゴの顔に生えている髭。
立派な髭はリーダーの証。
金獅子の黒毛1200z995ラージャンの黒い毛。
これを加工して作った繊維品は王族達も欲しがる逸品。
黄金の毛8880z995ラージャンの体毛。
黄金に輝くその毛は衣服の材料としても重宝される。
響狼の剛毛2400z995響狼の堅い毛。
丈夫でかつ保温性も高く、様々な用途で使用される。
響狼のたてがみ8000z995気品あふれる響狼のたてがみ。
美術品としても取引されている。
真紅の毛8800z995通常の毛とは異なり、特殊変異した響狼の毛。
その色はまさに紅。
眠鳥の橙毛250z994鮮やかな橙色をした、眠鳥の体毛。
その繊維はしなやかで強靭。
眠鳥の上橙毛350z994飛びぬけて美しい毛並みと色を持つ、
眠鳥から剥いだ橙毛。武具素材としての価値も高い。
眠鳥の蒼毛400z994求愛のため、鮮やかな蒼色に生え変わった眠鳥の体毛。
繁殖期の眠鳥から入手可能。
眠鳥の上蒼毛1000z994繁殖期の眠鳥から剥いだ上質な毛。
毛素材として申し分がない。
眠鳥の上白毛1400z995希少な眠鳥から剥ぎとれた上質な白い毛。
蒼みがあり非常に美しい。
黒狼鳥のたてがみ1800z994イャンガルルガのたてがみ。
ただの装飾素材にはない、威圧感が漂う。
舞雷竜のたてがみ20000z995怒りに赤く染まる、舞雷竜のたてがみ。
鱗と同様、帯電による赤熱に耐性が高い。
冥雷竜のたてがみ36000z995非常に珍しい冥雷竜のたてがみ。
壊れやすいため、扱いには熟練した技術が必要。
キリンのたてがみ1200z995雄々しくたなびく、白銀の鬣。
切り採られた後も微弱な雷気を帯びている。至高の珍品。
炎妃龍のたてがみ1900z995気品溢れる炎妃龍のたてがみ。
絹のような指通りがたまらない高級素材。
炎王龍のたてがみ1900z995威風堂々たる炎王龍のたてがみ。
その威厳漂う毛並みはまさに王者。

部分

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
ネコ毛の紅玉1000z995滅多に見れない貴重な玉。
体内で長い年月を経たネコの毛玉は、宝石のごとき輝き。
響狼の上棘3900z995響狼の毛とともに生えている鋭い棘。
見た目以上に硬い。
響狼の背棘4100z995響狼の背中に生えている棘。
外敵から身を守ると共に攻撃としても使用される。
響狼の紅玉8900z995響狼の体内で突発的に生成される紅玉。
宝石としても価値がある。
怪鳥の耳1280z995耐火性に優れているイャンクックの耳。
ボウガンの逆火を防ぐのに利用されている。
怪鳥の地獄耳1600z995耐火性に優れているイャンクックの耳。
伸縮自在の素材は防具の下地にも最適。
黒狼鳥の耳1500z994イャンガルルガの耳。
形状、構造主にイャンクックとは別の進化をとげている。
眠鳥の胃石1500z995眠鳥が消化を助けるために飲む砂利が結晶化したもの。
透明で美しい輝きを放つ。
眠鳥の稀胃石3000z995眠鳥の胃石の中でも、
とりわけ純度が高く形状が美しいもの。貴婦人垂涎の一品。
竜玉6000z504飛竜種の体内に長年蓄積された不純物が、
結石という形になったもの。特異な物質。
雌火竜の棘300z995リオレイアの背中と翼に生えた、針のような毛。
毒性を持つ。
雌火竜の上棘1000z995リオレイアに生えている剣の様に鋭い毛。
普通の棘より長くて丈夫。
雌火竜の紅玉9700z995まれに飛竜の体内で生成される希少な玉石。
思わず加工に出すのをためらってしまう。
火竜の骨髄2100z995剥ぎ取り技術が進化した最近になって切り出せた素材。
大気に触れると自然発火する。
火竜の延髄4200z995剥ぎ取り技術が進化した最近になって切り出せた素材。
燃え盛るこの器官は加工が困難。
火竜の紅玉9700z995まれに飛竜の体内で生成される希少な玉石。
思わず加工に出すのをためらってしまう。
アルビノの中落ち2380z995まだ身のついた、フルフルの肋骨。
アルビノの霜降り3580z995脂ノリノリのフルフルの赤身。
美味しそうだけど、食べちゃいけない食べられない。
岩竜の涙8888z995涙腺の辺りでまれに発見される鉱石。
淡い桃色はまるで宝石の様。
鎧竜の骨髄2200z995高等な剥ぎ取り技術がないと手に入らない素材。
それだけに貴重。
鎧竜の延髄6260z995グラビモスの延髄。
鎧竜素材の中でも、特に貴重で加工が難しい素材。
モノブロスハート10000z105猛々しい怒りを象徴する、
一角竜モノブロスの心臓。
覇竜の大棘10230z995傷ひとつ負うことなく、触れた岩盤を容易く削り取る、
黒炎の装甲に生える覇竜の棘。
棘竜の上棘3500z995棘竜の鎧であり剣でもある棘。
猛毒の仕込まれたそれは、触れることさえも躊躇う一品。
棘竜の紅玉10000z995棘竜の体内で精製された玉石。
持ち主の怒気を映したかのように鮮やかな紅を放つ。
棘茶竜の上棘4200z995全ての存在を拒む棘茶竜の棘。
甲殻や鱗の深い茶色と相まって厳しさ際立つ一品。
棘茶竜の重酸7500z995腐食効果をもたらす元となる比重の重い棘茶竜の酸。
腐食加工用として用いられる。
棘茶竜の紅玉6000z995血色を帯びて紅の輝きを放つ棘茶竜の玉石。
古木の心臓とも比喩される。
棘白竜の上棘5000z995棘白竜から取れる上質な棘。
近寄るだけでとても危険な毒気を感じる。
棘白竜の紅玉7100z995体表の白さに反し、
鮮やかな紅の輝きを放つ棘白竜の玉石。
棘白竜の火石12000z995地獄の業火とも言える恐ろしい炎を吐き出す際、
まれに生成される希少な石。
舞雷竜の骨髄10000z995帯電に耐え、圧倒的な運動量を支える血液を生む
舞雷竜の骨髄。他の飛竜に比べ高濃度。
舞雷竜の絶縁脂10000z995舞雷竜自身の電撃から、重要器官を保護する高濃度の脂肪。
高温でも溶けず、加工が容易。
舞雷竜の紫玉40000z995代謝等で廃棄された絶縁脂が、血管内で結晶化した玉。
匂いたつような紫色が特徴的。
冥雷竜の骨髄40000z995冥雷竜のしなやかな動きを生み出す骨髄。
なかなかお目にかかれない代物。
冥雷竜の鉛玉60000z995体内でエネルギーを圧縮する際に出来たと思われる結晶。
【えんぎょく】と読む。
呑竜のキモ100z995含んだ毒にもビクともせずに動き続ける呑竜のキモ。
意外と小さい。
氷狐竜の棘3600z994デュラガウアの背から剥ぎ取れる棘。
毒性はないが、先端が鋭いため扱いには注意が必要。
氷狐竜の上棘4500z994デュラガウアから稀に取れる上質な棘。
先端までしっかりと鋭さを保つ棘は珍しい。
蛮竜の棘4100z995蛮竜の翼や尾に生えている赤茶色の棘。
爪と同じ材質だがこちらは針のように鋭い。
蛮竜の上棘5000z995蛮竜の翼や尾に生えている赤茶色の上棘。
大人の腕並みに大きいものが上棘に分類される。
エルペの蹄100z992大きく二股に分かれたエルペの蹄。
この形だからこそ岩をしっかりと掴める。珍品。
鎌蟹の脚750z994巨大な鎌蟹の脚。
あの大きな体を動かすその脚は想像以上に強力。
鎌蟹の鋏1800z994巨大な鎌蟹の鋏。
その鋭い刃は鈍く輝き、見るものをひるませる。
砦蟹の鋏2150z995砦蟹の大きく鋭い鋏。
金属すら突き通すその鋏はハンターにとって最悪の凶器。
尾晶蠍の輝晶石3600z995尾の分泌腺のひとつから分泌される体液が結晶化したもの。
他の分泌物で爆発反応をする。
灰晶蠍の輝晶石4000z995尾の分泌腺のひとつから分泌される体液が結晶化したもの。
他の分泌物で爆発反応をする。
灰晶蠍の血晶石6000z995尾の分泌線のひとつから分泌される液体が結晶化したもの。
血のような赤みが特徴
鋼龍の宝玉4000z995長い年月を生きた鋼龍の体内でまれに生成される宝玉。
微妙な光加減が美しい。
霞龍の宝玉4000z995長い年月生きた霞龍の体内でまれに生成される宝玉。
七色に光り輝いている。
炎龍の塵粉3250z995炎龍の羽からこぼれ落ちた塵粉。
素材の性能を爆発的に伸ばすと噂される幻の粉。
炎龍の宝玉4000z995長い年月を生きた炎龍の体内でまれに生成される宝玉。
猛々しい炎がゆらめいている。
極龍の黒石12500z995極龍の体内から取れる石。
確認されている鉱石とは性質が異なる。
極龍の黒曜玉15800z995極龍の体内で生成される特殊な宝玉。
組み合わせた素材の特性を変化させる。
龍木2135z995ヤマツカミの体から生えている木。
どことなく神秘的な気を放っている。
神龍木1800z995神々しく光る龍木。
不思議な効力を持ち、目を見張る力を武具に与える。
龍苔3050z995ヤマツカミに生えている苔。
古龍の体を触媒にしているため不思議な効果がある。
神龍苔2250z995神々しく光る龍苔。
不思議な効力を持ち、加工品をより上質な物へと仕上げる。
老山龍の紅玉20000z995まれに老山龍の体内で生成される希少な玉石。
燃えるような紅色はまさに魂の塊。
黒龍の眼9600z995ミラボレアスの眼。水晶でできた眼球は、
宝玉眼と呼ばれることも。3大宝石の1つ。
黒龍の魔眼25000z995怒れる黒龍の瞳。その凶悪な眼差しは、
並のハンターでは直視する事もできない。
大巌竜の紅玉2500z995ラヴィエンテの紅玉。あまりの大きさに度肝を抜かれる。
大巌竜の髄4200z995ラヴィエンテの髄。極厚の骨に
阻まれているため取り出すには手間が掛る。
大巌竜の棘5600z995ラヴィエンテの棘。
棘というにはあまりにも大きい無骨な塊。
コナマキダケ7z104触ると周囲に粉を撒くキノコ。
とても美味だが、油断すると粉まみれになる。

アイテム名買価売価ストックレア度詳細
鳴き袋75z15z994モンスターの内臓器官の1つ。
臓器が割れると、鼓膜を破壊するほどの強烈な音が鳴る。
毒袋-96z994モンスターの内臓器官の1つ。
致死性の毒液が溜まっている。
取り扱い注意。
猛毒袋-192z995モンスターの内臓器官の1つ。
非常に高濃度の毒が溜まっている袋。
触っただけでも危険。
麻痺袋-120z994モンスターの内臓器官の1つ。
神経性の毒液が溜まっている。
毒を受けると麻痺する。
睡眠袋-340z994モンスターの内臓器官の1つ。
睡眠効果のある粉塵を溜める器官。
粉塵を吸うと昏倒する。
火炎袋-240z994モンスターの内臓器官の1つ。
可燃性の粉塵が詰まっている。
取り扱い注意。
爆炎袋-480z995モンスターの内臓器官の1つ。
外気に触れるだけで発火する粉塵が詰まっている。危険!
電気袋-480z994モンスターの内臓器官の1つ。
特異体質のフルフルの臓器。
衝撃を受けると放電する。
電撃袋-960z995モンスターの内臓器官の1つ。
特殊な臓器に埋め込まれた電気は、高圧電流に匹敵する。

体液

アイテム名買価売価ストックレア度説明文
モンスターの体液500z994虫が吸った生物の体液。
虫の消化液と混ざることで、接着剤としての効能がある。
モンスターの濃汁1000z995モンスターの体液の、さらに濃い部分だけをすくった汁。
かなり濃厚。
響狼の血3500z995響狼の獣臭が漂う血。
生態系を調べる研究材料としても用いられている。
狂走エキス56z203ゲリョスの体液。
ゲリョスの逃げ足の速さ、持久力の秘密がこの体液。
アルビノエキス122z203フルフルの体液。
特定の薬の効果を倍増させる効能がある。
火竜の体液500z994火竜の体内に流れる体液。
高温を発生する体液は、武具への利用が期待できる。
舞雷竜の雷液10000z995成分に大量のミネラルを含む舞雷竜の体液。
腐食性が高く触れれば肌を焼く。
呑竜の血100z995黒っぽくドロリとした呑竜の血。
滋養に富むとして、利用する地方もあるというが・・・?
呑竜の酸液100z995絶命と同時に自身の器官をも消化し始める
恐るべき消化液。臭いもまた強烈。
古龍の血1500z995未知なる成分を含んだ古龍種の血。
学者達の研究対象となっている。
浮岳龍の体液2500z995ヤマツカミの体から抽出した体液。
黒くてドロドロしている。
尾晶蠍の体液10000z995尾晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
尾晶蠍の黄色体液20000z995尾晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
尾晶蠍の蒼色体液30000z995尾晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
尾晶蠍の紅色体液40000z995尾晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
灰晶蠍の体液10000z995灰晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
灰晶蠍の黄色体液20000z995灰晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
灰晶蠍の蒼色体液30000z995灰晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
灰晶蠍の紅色体液40000z995灰晶蠍の生命力の源となる、発光成分を含む体液。
採取時の色を維持する。
大巌竜の血2300z995ラヴィエンテの血。
ドロドロとした粘りがある。研究者たち垂涎の品。
大巌竜の紅血60000z995狂暴期のラヴィエンテから採取できる特殊な紅血。
様々な状態異常に効く。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-13 (日) 20:45:12 (1011d)