Top / モンスター / アビオルグ

アビオルグ

モンスターデータ

肉質(大きいほど良く効く)
部位切断打撃気絶
35403501010020100
右足403530010100200
左足2525200550100
背棘404530055050
背中302520055050
尻尾302525055050
調べ終わったら消して下さい
怒り時肉質は調べ終わっていません
その他データ
弱点属性氷>雷=水60秒240dmg
弱点部位右足>頭>尻尾麻痺18秒
頭>右足気絶10秒
頭>右足・背棘睡眠30秒
咆哮風圧
有効アイテム音爆弾×
閃光玉
推奨スキル剣士高級耳栓
ガンナー高級耳栓
お勧め武器リーチの長い武器・ボウガン
部位破壊
部位条件備考
-左角が折れる
角破壊後牙が欠ける
尻尾棘が欠ける

攻撃パターン

攻撃パターン動き威力属性・
追加効果
内容
■■

攻略・立ち回り

持ち込みアイテム

  • 忍耐の種、硬化薬など
    • 噛み付き攻撃を受けると防御低下が起きる。
      忍耐の丸薬や硬化笛でも解除可能。

攻略

  • 麻痺・シビレ罠効果後、必ず咆哮を使用する。高級耳栓は欠かさないように。

巡回ルート

MAP沼地樹海
初期位置85
巡回ルート8→6→5→4→8…5→4→2→7→5→…
瀕死時休息

剥ぎ取り・部位破壊

剥ぎ取り部位回数下位上位
本体3獰竜の鱗
獰竜の皮
獰竜の骨
獰竜の血
獰竜の皮
獰竜の骨
獰竜の血
獰竜の上鱗
獰竜の上皮
獰竜の上骨
獰竜の熱血
部位破壊条件下位上位
獰竜の角
獰竜の皮
獰竜の尖角
獰竜の上皮
獰竜の角
獰竜の皮
角破壊後獰竜の牙
獰竜の骨
獰竜の穿牙
獰竜の上骨
獰竜の牙
獰竜の骨
尻尾獰竜の刃尾
獰竜の鱗
獰竜の上刃尾
獰竜の上鱗
獰竜の刃尾
獰竜の鱗
捕獲捕獲タイミング下位上位
脚を引きずる獰竜の鱗
獰竜の皮
獰竜の骨
獰竜の血
獰竜の刃尾
獰竜の上鱗
獰竜の上皮
獰竜の上骨
獰竜の上刃尾
獰竜の熱血
獰竜の刃尾
獰竜の血
有効な罠
落とし穴
シビレ罠
落し物落とす条件下位上位
 獰竜の鱗
獰竜の血
獰竜の上鱗
獰竜の熱血
獰竜の鱗
獰竜の血

登場クエスト

HR季節クエスト名難易度狩猟地登場サイズ備考
ハンターズクエスト
17寒冷期/夜未知なる種、沼地の獰竜★★★沼地
71寒冷期/夜暴虐!侵略の獰竜★★★★★★沼地
期間限定
17寒冷期/夜獰竜、沼地に現る★★★沼地フロンティアクエスト
71寒冷期/夜進撃!沼地の獰竜★★★★★★沼地フロンティアクエスト

F.3「未知なる系譜、獣竜種」で実装された、MHF初の獣竜種モンスター。獰竜は「ドウリュウ」と読む
triシリーズの獣竜種にくらべ鋭利な尻尾を利用した攻撃が多い。ブレスは火属性。
獣竜種特有のヌルヌルした動きも特徴。しかし動作をよく見ると意外と隙だらけ。慣れろ。
「獰竜の熱血」と「獣竜種の燃血」という非常にややこしい素材を持つ困ったちゃん。
二頭討伐の証や剛アビの頭の部位破壊のし辛さの存在により、だんだんグレンゼブルと同じ立場に近づいてきている。
同じくF.3で追加された新モンスがいたようだが・・・?

怒り時の噛み付きに防御力ダウン効果があるので注意。鉄面皮があると安心だが忍耐でいい。
なお、体表の色変化が3種類あり、通常・赤黒色・赤色とある。赤色が怒りと思えばいい。
ちなみに二頭クエではアビオルグの背中の体表の色がオレンジ→黄色になる個体も確認されている。

クック等のように頭の判定が結構シビアな上に頭の位置もやや高く、特に笛は慣れが必要。
サイズの違いもあり、イビルジョーと同じように振り向きスタンプすると首に吸われる。

破壊可能部位は頭2段階と尻尾(グレンゼブルの1段階目のように横向きに生えている棘が壊れる)の3つ
どちらも打・斬含む属性の限定は無い。部位破壊報酬の素材は結構要求される。

「非常に獰猛で執念深く、一度獲物と見なした相手に対しては息の根を止めるまで攻撃を止めない」
「捕食動物は弱っている獲物を最初に狙う」とある通り、
最大怒り状態の時は、四人の中で一番HPが低いハンターをしつこく付けねらう思考ルーチンを持つ。

下位上位・剛種でカッコいい専用BGMがついており待遇は比較的良好。
設定上、ザムザと違って色々なところに出張しており地味にクエが増えている。

なお、武器についてはF4までザムザより優秀だったがF5では1本も覇種化されないでザムザが覇種化されてしまった。
(と言ってもザムザ覇武器は1本だけだが・・・)
剛種武器としては高い水準で強力なものが揃っているが2頭討伐の証など若干作成が面倒なのが多いのがネック。
何よりやはり最近の主流武器である天嵐武器が1つも存在しないのが痛く、微妙な立場になっている。(火属性のライバル、テオの覇種化もある)
大事なことなので2度書くが未知なる系譜、獣竜種である。
MHF-Gでは極海にご先祖様が住んでいたことが判明。属性が氷ということもあって、
今の所アビ武器の派生追加等の話はない。

ちなみにこいつの剛種素材「獣竜種の○○」はいわゆる凄腕汎用素材なのだが、採れる対象がコイツ1体しかいないため
実質専用素材と化している。
後にフォワード.5、MHF-G2で登場した剛種モンスはいずれも凄腕汎用素材ではなく専用の素材が設定されており
アビはある意味「凄腕汎用素材を出さない剛種の先駆け」と言えるかもしれない。
(厳密にはUNKNOWNの方が早かったのだが、UNKNOWNはクエスト分類上では剛種ではなく、更にアビ実装時は
 作成できる武具はいわゆる剛種系武具ではなかった)

&bold(){罠麻痺について}
麻痺時間がかなり長い上、罠もやや短いがどちらも効果があるので、穴に落として麻痺スタンすれば動き回られずに済む。
麻痺中・穴中は頭が上下するのでスタン狙うなら適当に振り回してるとスカったりするので注意。
罠麻痺から回復した後は確定でバインドボイスを行なってくる。
この間は隙だらけなので、麻痺罠連をする場合はわざと吠えさせることで、拘束時間を長く取れる。
また、過去に落とし穴の効果中にアビオルグの接触判定(?)が無くなり、討伐後のモンスターのようにすり抜けてしまうバグがあった。(F4で修正)

ちなみに罠肉が効く。食事タイミングは怒り解除後?発覚し戦闘中でも食べる。ジョーかよ

&bold(){下位、上位}
下位と上位で一部攻撃が異なる他、上位でのみ行う攻撃もあるため一度は下見しておくこと。
特に上位限定の尻尾叩きつけは予備動作が大きいものの即死級のダメージなので初見殺しに注意。
安心して戦いたいなら忍耐の種or丸薬を持参しておこう。
上位になると尻尾ビターンとジョーブレス、HCガルルガのデンプシーが行動に追加される。
怒り段階は下位は二段階まで、上位からは三段階目が開放される。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 18:43:00 (661d)