Top / モンスター / ヤマツカミ

ヤマツカミ

ヤマツカミ2.jpg

山が動く、という報告から討伐を依頼される、古龍の一種。

身体全体に樹木や苔が繁茂しており、それによって外形すらも変容している巨大な陸上蛸。
どのような原理かは不明だが、翼で羽ばたくことなく空中を浮遊している。
その圧倒的な巨容は、まさに空中森林と言えるだろう。

一応「龍」に分類されており、ヒレ(脚)は口元のものを除いて4本、
さらにその先に2つの鉤爪がついており、一般的な「龍」との共通点も確認できる。
別名「浮岳龍」。「ヤマツ」と略されることが多い。

ごく稀に、密林のBCで巨大な影が通り過ぎることがあるが、あれがヤマツカミの影である。
ハンターが憎んでも憎み足りない、大雷光虫の発生源でもあり、体内は大雷光虫の営巣となっている。

別名:浮岳龍【ふがくりゅう】

モンスターデータ

肉質(大きいほど良く効く)
部位切断打撃弾丸気絶
背中中心部60705000030350
背中60702500010150
1001006050010200
胴体80702000015250
口中の一部908090010070350
触覚60503000010300
4本のヒレ(触手)50402000020300
その他データ
弱点属性氷>龍無効
弱点部位胴体>触覚>ヒレ麻痺無効
胴体>触覚>ヒレ気絶無効
口の中>目>頭睡眠無効
咆哮風圧
有効アイテム
音爆弾×
閃光玉×
推奨スキル剣士麻痺無効 ランナー
お勧め武器ランス・双剣
ボウガン
部位破壊
部位条件備考
ヒレ(触手)-8回怯みで部位破壊成立
4本全部を攻撃する必要はない

攻撃パターン

  • 塔 螺旋階段
  • 大雷光虫吐き出し
     大雷光虫を吐き出す。
     その際にヒレを広げるので攻撃のチャンスになる事がある。
  • ヒレでビッタン
     前方にヒレを叩きつける。
     叩きつけた後はその状態のまま暫く動かないので攻撃のチャンス。
  • 火炎爆発
     膨らんで爆発を起こす。
     螺旋階段の壁側等(外周部)に居れば当たらない。
     階段の下に落ちて上に上がろうとツタを昇っていると稀に喰らう。
     勘違いしやすいが、この攻撃は龍属性である。
  • バキューム
     強烈な吸い込みでハンターを襲う。
     正面に居ると吸い込みモーションを見てすぐに回避をしても間に合わない事が多い。
     攻撃力が高いので、なるべく正面に行かないように。
     動かないので吸い込み中は正面付近に近づかなければ問題は無い。
  • 回転
     ヒレを広げて高速回転しながら急上昇する。
  • 塔屋上 街襲撃
  • 大雷光虫吐き出し
     大雷光虫を吐き出す。
     上方で行う為、近接武器では攻撃が出来ない。
  • 火炎爆発
     膨らんで爆発を起こす。
     それなりに離れていないと喰らってしまう。
  • プレス
     上空に浮かび、ハンターを追尾後にヒレを大きく広げて落下してくる。
     攻撃力がとても高く、最大の攻撃範囲を持つので注意が必要。
     本体やヒレの真下から避けるように。
     ごく稀に上空に上がらずに突然落下する事があり、これはヒレを斬っていると回避不能。
     喰らったら運が悪かったと諦めよう。

攻略・立ち回り

  • 戦闘までの基本的な流れ
  • クリア(討伐)だけを目的とした場合
    始まったらすぐに皆で塔を登り、頂上の最終エリアまで行く。
    6は全員でまとまって移動すること。勝手に一人で先頭を突っ走るとヤマツカミのブレスを誘発させる原因となるので気をつけよう。
    ガンナーならば6と8で撃ち放題だが、あまり長居すると頂上で攻撃する時間が短くなってしまうので注意。
    道中7と9で薬草、ハチミツが採取できるので取ってもOK。
    頂上についたらヤマツカミが上ってくるまで待機。残り30分前後(プレイヤーの到達時間の影響を受けます)で現れるので、
    マカ壺を使ったり肉を焼いたりメンバーと雑談でもして待とう。
  • 採取(剥ぎ取り)、あるいは巨龍爆弾設置を目的とした場合
    6のマップでヤマツカミと戦う。
    大剣(物理攻撃力が高い氷属性や龍属性等)などの短時間で大きなダメージを与える武器を使うといい。
    PTで1箇所のヒレや胴体に攻撃し、怯んで下に落ちたら剥ぎ取りチャンス。ヤマツカミの胴体に飛び乗って剥ぎ取りができる(3回)。
    ついでに巨龍爆弾を置いて追加ダメージを狙うといい。弱点は頭部のパネル。
    途中ヒレでの攻撃や雷光虫には注意。とくに雷光虫は麻痺にされ何もできずにリンチされ死んでしまうこともある。
    基本的に、攻撃の殆どは正面を範囲に取るので側面に位置しよう。
    剥ぎ取り終了後は頂上まで上り、ヤマツカミが上ってくるのを待って討伐するか、3死して帰還しよう。
  • 基本的な戦い方、立ち回り(頂上)
    まずヤマツカミの懐(影の中)に入り、四方のヒレを攻撃する。影の中ならばヒレを使う攻撃を封殺できる。
    また、ヒレでの攻撃時に動いたヒレは、再びもとの位置に戻ってくる。
    ヒレが上がったら、ヤマツカミが上昇していないかを確認しよう。
  • 上昇したが、さほど高度を取っていない場合
    鳴き声を上げつつ体内に暮らす大雷光虫を吐き出してくる。
    ヒレに攻撃が届かないので、打上げタル爆弾で攻撃したり回復、砥石などを使おう。
    ヒレはまた戻ってくるが、じっとしていると大雷光虫に襲われる。
  • 大きく上昇した場合
    プレス(押しつぶし)攻撃が来るので、ターゲットされてもいいように武器をしまって逃げよう。
    マップの端まで逃げてしまうと回避できなくなる場合があるので注意しよう。
    大きく上昇する際、直前の回転で口吻部があった方向の人をターゲットする。
    もし自分以外のメンバーがターゲットされていたら、プレスに巻き込まれないようにしつつ、攻撃の準備をしておこう。
    基本的にヒゲとその背後はヒレがないので安全。従ってカメラを上方向に向け、ヒゲを目印に逃げれば無傷でプレスを回避できる。
    胴体だけでなくヒレにも攻撃判定があるので注意。落ちてきたら再度浮上するまで無防備なので、ひたすら攻撃!
  • ヤマツカミ戦で最も怖いのがプレス攻撃。
    ヤマツカミ戦での主な死因がこれによるため、この攻撃のモーションだけは覚えておこう。
    おおよそ防御500前後で瀕死、ただし龍耐性がプラスであることが条件(マイナスは未検証)
    よって、防具に頼らず素直に回避に徹するのが賢明。
    最初の内はペイントボールを持参してペイントし、マップを拡大しておくと、誰にタゲが行っているか分かりやすいのでおすすめ。
    もし逃げ切れないと思ったら、ギリギリまで引き付けて緊急回避すれば・・・かわせる事もあるので、最後まで諦めないように。
    また、特定条件が成立した時ノーモーションでプレスを行う事がある。40試験では極々稀に。迎撃戦ではたまにある。
    この行動の条件は諸説あるが、体験した人には「怯みか部位破壊、
    もしくは怒りで特定の動作がキャンセルされた時に起こる」という説の支持者が多い。
    また、体験する人は体験するが、体験しない人は本当に体験しないという点から、
    さまざまなモンスターでたまに起こる「瞬間移動」現象と原因を同じくしている可能性も否定出来ない。
    なお、この現象の原因はエリアホストとの同期化にあると言われている。
    体験した事の無い人には怯み落下の事かと思われがちだが、怯み落下はダメージが無、
    もしくは軽度でその後ヤマツはのた打ち回るが、ノーモーションプレスは通常プレスと同じ即死級ダメージが発生し、
    通常プレスと同じように浮上する。
    40試験も楽勝ムードであと少しで討伐完了という所で、ヤマツカミがノーモーションプレスを行い4人同時圧死になったら、
    運が悪かったと思って諦めよう。
  • 大雷光虫はやっかいだが、ヒレに攻撃していると勝手に突っ込んできて倒せる場合が多いので優先的に倒しにいく必要は無い。

街襲撃時の攻略例

ドンドルマ戦闘街にヤマツカミが来た場合、素早く討伐できる攻略法がある。通称:髭落し、髭ハメ

  • 手順
    クエストが始まったら採取せずに支給品の大タル爆弾Gを回収し、移動して全員で2回爆破。
    各自で爆弾や栄養剤などで調整して火事場発動。
    ヤマツカミのいるマップへ移動したら、笛は演奏(笛吹き名人があれば演奏は最初に吹けば十分)
    ヤマツカミが高度を下げるのを待ち、雷光虫が近づいてきたら駆除する。
    高度が下がったら全員で黒い髭を攻撃する。(4本あるヒレではない。口の下に生えている[↓]の形をしている2本が髭、上記写真参照)
    しばらく攻撃していると地上に落下してもがき始めるので攻撃し続ける。
    落下後はどこを攻撃してもかまわないが、必要ならばヒレも攻撃して破壊しておくと良いだろう。
    十分な攻撃力があればそのままヤマツカミが空中に上がることなく討伐が完了する。
  • 注意点
    • 高度が下がる際に火炎ガス攻撃をする場合があるが、坂道か崖の隅に離れていれば当たらない。万が一攻撃を受けた場合、
      HP100の火事場発動中では素の防御力が600以上ならば一撃耐えられるが、500程度だとほぼ即死してしまう。
    • ヒレを攻撃して怯ませる、またはヒレを崖にのばしているときに攻撃するとマップ移動してしまう。

巡回ルート

剥ぎ取り・部位破壊

剥ぎ取り部位回数上位素材
本体5浮岳龍の体液
浮岳龍の皮
龍苔
龍木
古龍の血
神龍苔
神龍木
背中3龍苔
龍木
神龍苔
神龍木
部位破壊破壊に必要な属性上位
4本のヒレ(触手)---浮岳龍のヒレ
浮岳龍の皮
捕獲捕獲タイミング上位
捕獲不可---
有効な罠
なし
落し物落とす条件上位
怯み落下時龍秘宝
浮岳龍の体液
古龍の血

登場クエスト

HR季節登場クエストランク狩猟地登場サイズ備考
40-古塔の最古龍を沈めろ!★★★★★★★★固定サイズ公式狩猟試験
41寒冷期/昼最古の龍ハンターズクエスト
71温暖期/昼森食いの龍古龍クエスト
41出発時の季節と時間浮岳龍を討伐せよ!迎撃拠点古龍迎撃戦
81

wiki編集が出来ない方はこちらからどうぞ

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • ノーモーションプレスの貢にある「瞬間移動現象と同じ」説は無いと思われる。自分がソロで塔ヤマツに行った時にもノーモーションプレスを食らった。 -- 2011-11-01 (火) 23:58:40
    • ソロでもラスタやフォスタ、ホルクがいれば瞬間移動現象は発生しますよ。 -- 2012-11-29 (木) 03:39:36
  • [戦闘までの基本的な流れ -- 2012-11-29 (木) 03:17:03
    • ↑「6は全員でまとまって移動すること」でブレス誘発とあるがアレは誰かを狙った攻撃ではなく、6に誰かが入った時点から上昇始めるため他の人がヤマツの前を横切るときに運悪く食事と一緒に吸い込まれているだけ。 -- 2012-11-29 (木) 03:28:11

添付ファイル: fileヤマツカミ.jpg 222件 [詳細] fileヤマツカミ2.jpg 87件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 18:02:28 (665d)