Top / モンスター / ラオシャンロン

ラオシャンロン

ラオシャンロン.jpg

長大な肉体を持つ、古龍の中の古龍。その巨躯はまさに驚異的の一言に尽きる。
立ち並ぶ全てを悉く粉砕するその暴威はまさに龍の名を冠するに相応しく、特に尻尾にその力がみなぎっている。
砦蟹などとは全く比較にならない、恐るべき老龍である。漢字表記では、老山龍。

  • 彼らはどうやら岩石を食べてるらしく、どの地方の岩石を食べてきたかで体の色が変わるらしい。
    特に高級な岩石を食べている個体は体が青く変色し、それがラオシャンロン亜種(灰ラオ)である。

モンスターデータ

肉質(大きいほど良く効く)
部位切断打撃弾丸気絶
282030205152050
202020205152050
102020205152050
体内8090805051510050
背中/尻尾102020205152050
555040205153050
323725205152050
その他データ
弱点属性龍>火>雷無効
弱点部位体内>腹>足麻痺無効
体内>腹>足気絶無効
体内>腹睡眠無効
咆哮風圧
有効アイテム
音爆弾×
閃光玉×
推奨スキル剣士攻撃力UP 見切り
ガンナー攻撃力UP 見切り 火事場力+2 貫通弾・貫通矢威力UP
お勧め武器貫通系のヘビィボウガン 貫通弓
部位破壊
部位条件備考
-頭部を攻撃(大タル爆弾G二個で破壊可能)
-角破壊後、さらに頭を攻撃
右肩-近接では大ダウン中しか攻撃が届かない。非常に肉質が堅い。
左肩-同上
背中の左側の棘-3回怯みで破壊。対巨龍爆弾を駆使しよう。

攻撃パターン

攻略・立ち回り

持ち込みアイテム

  • モドリ玉
    • MAP終わりで安全に戻れるため調合分(素材玉+ドキドキノコ)も用意しておこう。

武器

  • 肩や背中を攻撃できる遠距離武器が望ましい。
    • 弱点が体内なので貫通弾・矢を用いるとよい。
  • 剣士は部位破壊に貢献しにくいのであまりお勧めはできない。
    • どうしても剣士でいくなら攻撃力強化【大】の吹ける狩猟笛か、機動力と火力のある双剣や太刀を使うとよい。

立ち回り

  • シェンガオレン同様に砦には攻撃するが、PCに対して大きな攻撃行動をとらない。
    • こちらもシェンガオレン同様、脚の動きや尻尾の動きに注意を払う必要がある。特に尻尾の動きが激しい時があるので要注意。
      方向転換の際など、下手をすると尻尾でハマってしまう場合もある。
    • 防衛側からの攻撃で上から岩が落ちてくる。大したダメージではないが、飛び降り時や側面にいると当たる可能性があるので要注意。
      なお、実際にこれで死んだハンターが(設定ではなく)本当に居る。
    • エリア5での戦闘時、砦の上で戦っていると砦への攻撃で一緒にダメージを受けるので注意。
  • 歩くたびに風圧大が起こる。
    • 風圧大 装備があると望ましい。(特に近接者)
    • 近接者は、高ダメージが入る 腹 (及び 体内) を狙うと良い。
      ラオがよろけた場合に押しつぶされてしまうが、思い切って腹の下へ入ってしまうことである程度は何とかなる。
      ちなみに、押しつぶしダメージは大したことは無い。ガンガン潜り込もう。
      ※脚や弱点へのダメージによる大ダウン(腹を地にべったりつけて動かなくなる)ではダメージが大きいので注意。
  • 部位破壊は、両肩・頭・背中。
    • 両肩は、ガンナーによる攻撃でないと難しい。
    • 頭は、近接者にても容易に攻撃・可能。
    • 背中は、巨龍爆弾とバリスタにても破壊・可能。
      ガンナーは、各エリアの初期は頭を狙い、両肩・背中が射程範囲に入った時点で移行すると良い。
      [ 各エリア初期など 頭のみ 攻撃可能な機会があり(3回以上)、さらに近接者にても攻撃・可能な為、]
      [ 両肩・背中 の破壊を優先すると良い。]
      背中は3回ひるみで破壊できるので、下位の場合、対巨龍爆弾で2回ひるませると、あとはバリスタだけでも破壊可能。
      (同時に2個設置してしまうと一回のひるみとして計算されてしまうので別々のエリアで2回仕掛けるようにしたい)
  • 弱点は、体内。[背中と腹の(色の)境目辺り] [攻撃エフェクトが体内で起き、見えにくくなるのが目安。]
    心臓を狙うような感覚で、遠距離職は積極的に貫通で狙うようにしたい。
    [※斬・打: 体内>腹>足>頭>他(首,背中/尻尾)] [※: 体内>腹>頭>足>他(首/背中/尻尾)]
    部位破壊後は、高ダメージが入る 弱点(体内) 及び 腹 を狙うと良い。
  • 高台から飛び降り背中に乗ることができる。またこのとき対巨龍爆弾設置と剥ぎ取り3回が可能。
    • 飛び乗る時はラオシャンロンに正対するよりも、進行方向を合わせて飛び降りる方が落石に当たることもなく、
      タイミングも合わせやすいので簡単。
      時間のロスは若干あるがせいぜい数秒の違いなので、気にするほどでもない。
    • もし正対して実行するなら、岩が落ちた直後に飛び降りること。
    • この時剥ぎとれる龍薬石はサブターゲットの納品アイテム(4個納品で、一人当たりの剥ぎ取り期待値1個)なので、
      PTで行く際にはこれの剥ぎとれた個数を報告する慣習がある。(1とか2とか発言するのはそのため)
    • あまり長く乗っていると、咆哮とともに背中から振り落とされてしまう。それ自体にダメージはないが、その後足に踏まれないように注意。
  • 討伐時の剥ぎ取りは頭部付近・前足付近・後ろ足付近の各3回ずつ計9回と、破格の量を誇る。
    高速収集のスキルを付けないと9回剥ぐのは難しいが、時間の許す限り剥ぎ取りを行おう。
    [*討伐が前提の為、攻撃スキルを優先し、余裕があれば他のスキルを付加する。]
    • 砦に到着後に討伐するとかなりの確率で頭が砦に埋まってしまい、頭部の剥ぎ取りが行えなくなってしまう場合がある。
      そのときは残念だが、運が悪かったと諦めよう。
    • 7回以上剥ぎたいのなら、できるだけエリア5到着後〜砦到着前の移動中に倒したい。
  • 古龍撃退戦では撃退要件ダメージさえクリアすれば簡単に撃退でき、しかも破壊さえこなせば素材も報酬でもらえるので、
    無理に討伐を狙わなくてもいいかもしれない。
    [※討伐時の 剥ぎ取りのみ で入手できる素材もある為、撃退戦であっても、討伐を狙う価値はある。]
    [※撃退では 狩猟履歴としてカウントされない事も考慮しておくと良い。]

攻略法

  • 一般的なのは全員火事場力+2ヘビィボウガン。
    ※剥ぎ取り名人装備の場合は推奨スキルを満たしたうえで他のメンバーにその装備で行くことを伝えてからクエに参加するように。
  • エリア2,3で攻撃していればエリア3でラオの体力が下限まで減るため、エリア4は無視して最終エリアに進入したところですぐに討伐するのが一般的。
    [※火事場力+2などを使用したラオ戦に慣れたPTの 一般的 である。]
    • 余裕があるため全員で背中剥ぎ取り。ついでにサブを狙ってみよう。
    • 簡単に連続でひるんでしまうため、頭や弱点はそこまで狙う必要はない。ガンナーはまず部位破壊。
    • 怒りにくくなるのが下限のサイン。エリア4に入ってもよく怒るようなら攻撃を続行しよう。
    • 最終エリアにきたら足の剥ぎ取りが可能になる程度進入してきてから攻撃を加えよう。
      目安は両方の前足が、完全に岩場を越えた(つまり、ハンターが進入可能な場所に入った)辺り。すぐに終わるため砦の兵装を使う必要はない。
    • ボウガンで主に使用する弾丸は 貫通弾火炎弾。[両肩・背中の部位破壊(頭は近接でも容易に破壊・可能)]
      [*高台(上方)から貫通で背中の部位破壊を狙うと、弱点の体内へもダメが入り効果的。]
      [ 但し、剥ぎ取り・巨龍爆弾の設置で高台に登った際。( 高台の利用・過多 は むしろ非効率的) ]
      カラの実 + ランポスの牙LV1 貫通弾調合分を用意しておくと良い。どちらも調合屋で購入可。
      (調合書1と2を所持すると調合・成功率が上がり効果的。)
      通常弾2は弾のクリティカル距離が近い上にラオシャンロン自体が大きいため、あまり威力は出ない。
      カラの実 + カクサンの実 = LV1 拡散弾 | カラ骨(小) + 竜の爪 = LV2 拡散弾 などの調合撃ちもある。

巡回ルート

剥ぎ取り・部位破壊

登場クエスト

HR季節登場クエストランク狩猟地登場サイズ備考
17出発時の季節と時間老山龍を撃退せよ!★★★★固定サイズ古龍迎撃戦
制限時間:35分
31★★★★★★★★
71

wiki編集が出来ない方はこちらからどうぞ

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照


添付ファイル: fileラオシャンロン.jpg 188件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 18:40:08 (661d)